【薬剤師】都道府県別年収ランキング1位は静岡県698万円!【2020年】

Pocket

 平均年収が高かったのは静岡県!ほぼ700万円という平均はとてつもなく高いですね!一方で、もっとも平均年収の低かった県は長崎県!428万ということは1位の静岡県と比較して270万円も差があります。

 

れぱのん
れぱのん

270万円の差って実際やばくないですか?24歳から60歳までずっとこの差があったと仮定したら9720万円も生涯賃金に差ができるんですよ?

 

同じ職種で同じ時間働いているのに1億円も差が…地域差は思ったよりも大きい。今回は月収や賞与についても記載してみました!自分の給与は平均以上に貰えているのか?稼げる地域はどこか?どうぞご覧ください!

 

都道府県別年収ランキング!

順位都道府県平均年収月収賞与
1静岡県698.7万円51.2万円83.2万円
2長野県689.5万円49.3万円97.6万円
3高知県642.7万円52.3万円14.8万円
4島根県625.8万円42.3万円117.3万円
5愛知県622.1万円42.3万円114.5万円
6青森県619.8万円44.2万円88.7万円
7秋田県618.8万円39.0万円150.6万円
8宮城県610.2万円40.8万円120.6万円
9三重県600.6万円41.8万円98.5万円
10山形県595.1万円34.4万円123.5万円
11神奈川県583.4万円41.8万円810.4万円
12茨城県580.8万円39.2万円110.3万円
13広島県571.4万円37.8万円117.5万円
14宮崎県569.7万円44.0万円41.2万円
15北海道566.3万円40.8万円75.6万円
16福井県565.7万円39.4万円92.4万円
17滋賀県563.9万円38.9万円96.8万円
18和歌山県562.9万円39.8万円85.0万円
 全国平均561.7万円39.8万円83.3万円
19大阪府558.9万円40.1万円76.8万円
20東京都553.6万円40.0万円73.1万円
21香川県547.6万円37.9万円92.1万円
22山口県538.8万円37.8万円84.3万円
23大分県537.5万円38.0万円81.0万円
23千葉県537.5万円37.6万円85.3万円
25熊本県537.2万円38.8万円71.3万円
26鹿児島536.8万円36.1万円102.4万円
27富山県536.2万円37.6万円84.5万円
28福岡県530.5万円36.2万円95.9万円
28沖縄県530.5万円38.5万円67.6万円
30岡山県528.6万円34.9万円109.4万円
31京都府527.3万円37.6万円75.9万円
32兵庫県527.0万円35.8万円96.9万円
33鳥取県525.0万円35.4万円100.1万円
34佐賀県522.6万円38.9万円55.5万円
35埼玉県521.2万円38.7万円56.5万円
36栃木県520.7万円36.6万円81.3万円
37山梨県511.5万円35.7万円82.5万円
38奈良県506.7万円34.8万円88.0万円
39岐阜県503.4万円35.0万円82.8万円
40石川県495.1万円32.6万円103.5万円
41岩手県494.1万円33.1万円96.8万円
42福島県489.2万円35.9万円57.8万円
43群馬県483.5万円33.3万円83.8万円
44愛媛県463.7万円31.5万円85.7万円
45新潟県447.2万円30.6万円79.6万円
46徳島県444.0万円34.0万円35.7万円
47長崎県428.2万円30.5万円61.2万円

 

地方の給与が高くて都会が安いは嘘

薬剤師業界の給与は地方=高い、都会=安いと言われますがそれは正しくありません。正しくは「他業種と比較して都会よりも地方の給与が高い傾向にある」です。

実際5大都市の順位は東京(20位)、大阪(19位)、愛知(5位)、福岡(28位)、北海道(15位)と低くはありません。東京と大阪は全国平均の年収とほぼ同じですね。ただ、他業種では東京や大阪の年収が突出しているのに薬剤師業界ではその法則に当てはまらない。

 

参考文献

今回は2020年3月に更新された賃金構造基本統計調査をもとにこの表を作成しました。47都道府県で58950名にアンケートを取った結果なのでそれなりに正しい数字だと思います。(2019年12月の最新調査では薬剤師が31万1289人いるので19%分のデータということになります。)

 

年収アップに大切なもの

薬剤師の平均年収は561万円。平均年収上位20都道府県のうち13都道府県で月収40万円を超えています。一方、下位27府県のうち40万円を超えていた県はありませんでした。ですので、平均年収に届いていない人はまず「月収40万円」を目標にしましょう。そのためにはどうすれば良いかを考えましょう。

 

新卒薬剤師は年収アップのチャンス

薬剤師に限らず、年収をアップさせる近道は「最初から良い条件で働くこと」に尽きます。たとえば…「基本給20万円+薬剤師手当4万円+全国勤務手当6万円+地方/寒冷地手当5万円+住宅手当2万円+残業代2万円=39万円」ここから基本給をあげ、資格手当を追加し、ボーナスをもらえれば平均年収なんて簡単に超えます。

奨学金返済支援を受ければ年間100万円程度収入をアップさせることが可能ですし、ドラッグストアであれば薬剤師手当だけで10万円を超えることもあります。昇給額や評価も大事ですが、「最初から良い条件で働くこと」は生涯賃金を高めるうえで大切な要件です。

 

転職も年収大幅アップのチャンス

今まで、同世代や地域と比較して低い給料で働いているあなた!「もっと給料のいい会社を選べばよかった」「就活のときにあんまり企業研究してなかった」「そろそろ結婚や子供を考えたい」転職で大幅に年収をアップさせるチャンスです!

正社員の場合は転職時の給与が大切!一気に年収を600万円程度まで押し上げることだって可能です。派遣社員として時給を3000円以上に押し上げることだって可能です。(実は時給4000円、5000円、6000円で働いている薬剤師がいるって知っていますか?)

 

転職時にすべきこと

「薬剤師の転職=転職サイトへの登録」は薬剤師の常識と言っても過言ではありません。コンビニより多い店舗数から自力で転職先を見つけるのは至難の業です。ひとつひとつ条件を見て、給与交渉をして、手続きをするなんて不可能です。ですから薬剤師の転職は90%以上が転職サイト経由です。

しかし、注意すべきことがあるのをご存知ですか?

 

転職時の典型的な失敗例

薬剤師の転職サイトは現在100以上あると言われています。大手と呼ばれる転職サイトも10以上あり、どの転職サイトに選ぶべきかわからない。「比較サイトで紹介されている1位~3位ぐらいを適当に選べばいいや」と思っているあなた!それが失敗の元です。

 

転職成功のための大事なポイント

転職成功のために大事なのは「案件数が多い転職サイト」を選ぶのではありません。

自分の働きたい地域と働きたい職種の案件数が多い転職サイト」を選ぶ必要があるのです。

大手の転職サイトと言えども47都道府県、薬局、ドラッグストア、病院などすべての案件が豊富なわけではありません。ですから、「北海道×薬局」「神奈川×ドラッグストア」など自分の働きたい条件の案件を多く扱っている転職サイトに登録しなければなりません。

 

転職比較サイトの嘘

多くの転職比較サイトで「1位マイナビ」「2位リクナビ」「3位薬キャリ」「案件数は5万件!」など記載されていますが、大雑把すぎると思いませんか?もちろん総合順位はそうかもしれません。でも、地域と職種を考えて本当にそれがベストな選択肢なのでしょうか?

間違った転職サイトに登録すると転職希望者にとっては悲劇です。

 

損をするのは自分

転職サイトにはアドバイザーがおり、その人が自社の持っている案件からあなたに合ったものを薦めてきます。もし、「埼玉県×薬局」の案件数が多くないマイナビや薬キャリを選んでしまった場合、その少ない案件の中から提案をされることになります。

登録➡ヒアリング➡提案➡検討➡etc.

貴重な時間を浪費してはいけません。あなたの1時間には3000円や4000円の価値があるのですから。

 

条件に合った転職サイトを見つける方法

「都道府県」と「職種」によっておすすめの転職サイトは異なります。ですから、都道府県別×職種別で転職サイトが紹介されているページを作成しました。実はこれめちゃくちゃ大変です。そりゃあ「1位マイナビ!」とか書いてる方がよほど楽です。でも、それでは本当に満足のいく転職はできません。47都道府県別に1サイトずつ調べたのでこちらから調べてみて下さい。

 

北海道青森岩手宮城秋田
山形福島茨城栃木群馬
埼玉千葉東京神奈川新潟
富山石川福井山梨長野
岐阜静岡愛知三重滋賀
京都大阪兵庫奈良和歌山
鳥取島根岡山広島山口
徳島香川愛媛高知福岡
佐賀長崎熊本大分宮崎
鹿児島 沖縄    

 

自分自身の年収や働く条件を本当に変えたいのであればまずは転職サイトに登録しましょう。アドバイザーが自分に合った条件でサポートをしてくれます。

「半年以内に転職希望」であれば、積極的に非公開求人や高時給案件などをもってきてくれると思います。もし、相談したいことがあればTwitter(れぱのん@薬剤師)へ連絡下さいね。ここまで読んだんですから間違った転職サイトには登録しないでくださいね!

Pocket

あわせて読みたい

4件のフィードバック

  1. 2020年8月19日

    […] 都道府県別の平均年収が知りたい方はこちら […]

  2. 2020年8月24日

    […] また、地域によって平均年収には大きな差があります。気になる方はこちらをご覧ください→都道府県別年収ランキング。1位は698万円の〇〇県!! […]

  3. 2020年9月1日

    […] 【追加情報】薬剤師の都道府県別平均年収はこちら […]

  4. 2020年9月3日

    […]  【追加情報】薬剤師の都道府県別平均年収はこちら […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。