【完全版】コスモス薬局を徹底調査。年収/口コミ/就活・転職情報

Pocket

こんにちは。元人事担当者のれぱのんです。2020年にドラッグストア業界3位をキープ(2年連続)しているコスモス薬品。4-5年前まではマツモトキヨシやサンドラッグの後塵を拝していましたが、高い成長率で抜きましたね。「顧客満足度9年連続1位」もウリにしていますね。どうせ、参加企業3社ぐらいやろ?と、思ってたらドラッグストア上位10社ちゃんと審査されていました。

九州を中心に関西/中国地方に展開しています。関東圏の方は「コスモス薬品の将来性」の部分だけ読めばOKです。他社とはやや異なる出店戦略を取っているため業界研究として読んでおいて損はありません。

企業の基本情報だけではなく、独自に入手した口コミや福利厚生など就活・転職者が知りたい情報を載せています!なお、元人事担当者の個人的意見が多分に含まれているため、気になることは人事担当者や転職エージェント、OB/OGに直接質問することをオススメします。

では、さっそく見ていきましょう!

 

コスモス薬品の基本情報

コスモス薬品はドラッグストア業界で3位の売上高を誇る会社です。社名には「コスモスの花が、荒地にもしっかり根を張り、綺麗な花を咲かせるように」という思いが込められています。小商圏でメガドラッグストアを多店舗展開するビジネスモデルを取っているのが特徴。

『M&Aを行っていない』というのもコスモス薬品が推しているポイントですね。確かに、すごい。

 

コスモス薬品の概要

【基礎情報】
株式会社コスモス薬品
〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東2丁目10番1号 第一福岡ビルS館4階
【2020年4月最新情報】
店舗数→1,053店舗
売上高→6,844億円
経常利益→315億円(営業利益率:4.61%)
従業員→33,310人(正社員:4,232人)
コスモス薬品の基本情報(数字)

社員の平均年齢は若いですね。もちろん薬剤師だけではないため、一概には言えないですが、平均年齢が20代というのはかなり若いと言えます。(2020年5月の有価証券報告書では30.07歳)

 

コスモス薬品の年収事情

コスモス薬品の平均年収は4,128,319円(412万円)です。一般社員も含めていますので実際の数字が知りたい方は「薬剤師の平均年収はいくらですか?」と聞いてみると良いかもしれません。『薬剤師の平均年齢』も合わせて聞けばかなり多くのことがわかります。

募集要項に記載されている金額は「371,500円/月」のみです。2年目からは550万円ほどの年収となります。入社を検討される際は各種内訳と昇給率について質問をしましょう。

基本給、住宅手当、昇給率、賞与などの内訳を理解すれば大体の年収推移が予想できます。あとは30歳/35歳薬剤師の平均年収を合わせて聞けば年収予想の精度も高くなります。

 

初年度(新入社員)の年収

内訳がないため、371,500円という数字を12倍にすると…445万8千円です。低くはないですよね。

371,500円には薬剤師手当/管理薬剤師手当が含まれているため、管理薬剤師をすることが前提です。試用期間でもこの管理薬剤師手当が支給されるのか?を確認しておきましょう。(わかったら教えて下さい。)薬剤師には「エリア職」しか記載がないため、大手の保険調剤薬局のような「全国勤務」は一般的ではないかもしれません。(ということは、薬剤師が出世するのは難しいかも。)

 

その他の手当

通勤手当19,800円(上限)
スタッドレスタイヤ補助80,000円(積雪地域赴任/1回)

 

コスモス薬品の福利厚生

休暇制度

コスモス薬品の休暇制度

年間休日は110日です。ドラッグストア業界の中ではやや少ない方。①月の休日数が決まっており、②希望休についても指定できる日数が決まっています。③長期連休制度があるのは魅力の一つ!「4連休×2」「6連休×1」から選択可能。

有給休暇の平均取得日数は年間6.9日間ということでドラッグストア業界の中ではふつう(良くはない)です。さらに、最新の数字ではないため注意が必要。

【元人事から一言】
コスモス薬品の情報はリクナビに掲載されていますが…。2020年に更新されているものや、2016年から更新されていないものなど様々。悪い数字は載せない方針なのでしょうか。それとも人事担当者がズボラなのか。コスモス薬品での就職を考えている人は面倒ですが、『最新の数字』を確認しておきましょう。個人的な感想ですが、こういう対応はどうかと思います。

【更新歴バラバラな例】

平均勤続年数:5.6年(2020年)
平均年齢:30.2歳(2020年)
平均所定外労働時間:4.0時間(2018年)
女性の管理職割合:2.7%(2018年)
年間休日:110日(2017年)
有給取得日数:6.9日(2016年)

リクナビに掲載のコスモス薬品の情報

 

コスモス薬品の休暇に関する口コミ

れぱのんが独自に調査した結果をシェアします。(薬剤師からの書き込みが少ないため、その点を踏まえてご覧ください。)

【休暇に関する口コミ】
・有給関係はあまり整備されておらずモチベーションを下げる要素。
・年に110回と休みが多いように見えるが有給が使えない。インフルエンザですら使えない。
・一年のうち6連休もしくは4連休を2回とれる。が、パートナーも正社員も有給は決まった月にしかとれず、使いたいときに自由には使えない。

【元人事から一言】
口コミを読んで、有給を使えているイメージが湧きませんでした。コスモス薬品は『残業』に関する取り組みは素晴らしいものがあり、サービス残業をしないように徹底されています。そういうクリーンな面がある一方で、有給への満足度はかなり低い。元日やリフレッシュ休暇(4連休/6連休)に有給が使われ、それ以外で自由に使える有給はないイメージ。

 

有給について質問をするときは…

「最近有給を2日以上連続で使った日はありますか?」
「昨年は有給を何日間使いましたか?」
「リフレッシュ休暇以外で有給を使ったのはいつごろですか?」
「薬剤師の平均有給取得日数を教えていただけますか?」

と、情報を限定して聞くことが大事でしたね。現場のリアルが知りたければ、質問する側にも相応のスキルが求められますよ。

 

その他の福利厚生

コスモス薬品の福利厚生

えらべる倶楽部に加入しているのは少し魅力的ですね。家賃補助は半額。保険調剤薬局の大手と比較すると家賃に関しては見劣りしますね。(そもそも薬剤師は「エリア」でしか募集していない可能性を考えると関係ないかもしれませんが。)

『退職金制度』が導入されているものの、金額に関してはかなり低いと思っておきましょう。(そういう口コミが多かったです。というか退職金制度に満足している口コミはありませんでした。)

 

コスモス薬品の福利厚生に関する口コミ

れぱのんが独自に調査した結果をシェアします。

【福利厚生に関する口コミ】
・独身者は基本的にレオパレスへの入居
・社員持ち株会の条件はかなり良いと思う。10%の奨励金もある。
・退職金が微々たるものなので社員持株会を退職金代わりにする人が多い。

【元人事から一言】
えらべる倶楽部に関する口コミも見当たりませんでした。社内で周知されていないのか、そもそも使う時間がないのか…。(他の企業であればえらべる倶楽部やリロクラブの口コミ多いんですけどね。)

 

~教育制度についての情報は不足しているため割愛します~

 

コスモス薬品の将来性

2020年現在、ドラッグストア業界で第3位の売上高を誇るコスモス薬品。メガドラッグストアという業態が一定の成果を残している証拠でしょう。出店地域が田舎でもできる限り広い店舗を出店することでその地域で存在感を示しています。小商圏(商圏人口1万人)に限定した出店戦略を取っているのも特徴です。

ここまで読めば、関東圏の店舗数が伸びていない理由も明らかです。土地代の高い地域でこの戦略は通用しません。また、超大型ショッピングモールとの相性も良くない。今後関東圏に出店をしたとしてもメガドラッグという形態ではやっていけないでしょう。(新宿、渋谷、世田谷、江戸川などに出店していますが、どれも普通サイズのドラッグストアです。)

コスモス薬品の売上高推移

『29期連続増収』であり、マザーズ上場を果たした2004年と比べて『売上高10倍』『経常利益15倍』『株価20倍』はだてではありませんね。他のドラッグストアと異なり、M&Aをせずにここまで大きくなっているのも素晴らしい。

ただ、薬剤師として注目したいのは「医薬品(青色)」の売上ですよね。会社が安定しているのはもちろん素晴らしいのですが、薬剤師としての職能発揮や、社内での出世を考えれば「医薬品(青色)」も順調に伸びてもらう必要があります。

 

コスモス薬品の売上高構成比

医薬品(青色)の売上高自体は上昇しているものの、構成比は減少傾向にあります。一般食品(桃色)が50%を超えており、スーパー化しているのが見て取れます。

 

コスモス薬品の経常利益率推移

経常利益率は悪くありませんが、ドラッグストア業界で比較すると高くはありませんね。

 

コスモス薬品と他社比較

ドラッグストア売上高推移

M&Aをせずにしっかりと成長しているのは良いですね。今後の重点出店地域が気になります。

 

ドラッグストア経常利益推移

 経常利益はスギ薬品をかろうじてかわして5位。

 

ドラッグストア経常利益率推移

経常利益率は残念ながら8位。ココカラファインは合併されるためこの表からは消えますし、下降気味の富士薬品に勝っているだけの状況になりそうです。とは言え規模が大きいのでそれなりに利益は出ています。

 

コスモス薬品のまとめ

まだまだ情報収集が必要な企業ではありますが、薬剤師からの口コミが少ないんですよね。とはいえ、九州&中四国エリアの学生や転職希望者のために情報収集は継続します!

2012年、2015年フォーブス誌 (アジアの優良上場企業50社)で選出されるなど今後の成長に期待。2020年8月のドラッグマガジンによればドラッグストアの1店舗平均年商ランキングで2位(6.2億円)に輝くなど他社とはやや違う戦略が見ものです。(1位はカワチ薬品の8.0億円、3位がイオンリテールの6.1億円)

フォロワーさんにコスモス薬品に詳しい人がいれば、いつでも情報提供待ってます!

Pocket

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。