薬剤師50代の平均年収は671万円!【2020年最新情報】

Pocket

厚生労働省が2020年3月30日に出した「賃金構造基本統計調査」より平均年収を算出しました。元データも載せているのでご参照ください。

 

50代平均年収(詳細)

50代の平均年収は671万円です。平均月収が47万7千円、平均賞与額は99万1千円です。

50代の前半/後半、男女の性別によっても金額が異なりますので細かく見ていきましょう。

50代薬剤師(全体)

男性/女性平均年収平均月収平均賞与
50代671万円47万7千円99万1千円
50代前半683万円49万9千円84万8千円
50代後半656万円45万0千円115万8千円

 

50代薬剤師(男性)

男性平均年収平均月収平均賞与
50代724万円51万9千円102万2千円
50代前半719万円51万9千円96万5千円
50代後半729万円51万9千円107万4千円

 

50代薬剤師(女性)

女性平均年収平均月収平均賞与
50代648万円45万9千円97万8千円
50代前半670万円49万2千円80万5千円
50代後半619万円41万6千円120万1千円

 

元データはこちら

厚生労働省が2020年3月30日に出した「賃金構造基本統計調査」の元データとリンク先も載せておきます。必要があればご利用ください。年収は基本的に総支給額を指す場合が多いため、「きまって支給する現金給与額」を月収とし、これに12を乗じて賞与額を足した金額を年収としています。

男性、女性それぞれの情報しか載っていないため、各金額に人数も考慮して男女平均を割り出しています。Excelが頑張ってくれました。手計算とかだったら死んでます(笑)

賃金構造基本統計調査2020年3月

 

平均年収を下回っていた場合…

平均年収を見て、「えっ?私の年収って平均より低いの?」と思った人もいると思います。もちろん、年収はお金でしかなくて、福利厚生で家賃補助があるとか、育休産休制度が充実しているなど、そういったことも含めてお給料を判断する必要があります。

とは言え、年間50万円を36年間損していると仮定した場合、生涯賃金が1,800万円も少なくなってしまいます。せっかく薬剤師として頑張っているのに1,800万円も損をするなんて勿体なくないですか?逆に、平均年収より50万円高く稼げれば1,800万円分もお得なわけです。

ちなみに1,800万円あればこんな買い物ができます。ベンツ!わかりやすく高級車です。

 

もしくは、世界一周旅行をスイートルームで3回も周れます。旅行好きの方にとっては、たまらない!年収を50万円上げるだけで、人生で3回も世界一周旅行ができるんですよ!スイートルームで世界三周旅行。めっちゃ充実した人生になりそう。

 

こんな贅沢は大袈裟だとしても、毎月ホテルでコース料理を食べたり、毎年家族で旅行をしてもお釣りがきます。薬剤師が年収をあげるためにできることをは大きく3つです。

1つ目は出世をすること。管理薬剤師やマネージャー職になれば手当がつき年収50~100万円ぐらいアップさせることができます。

2つ目は高度な資格を取得すること。がん専門認定薬剤師やHIV感染症専門薬剤師などを取得すれば大幅な昇給や賞与が期待できます。

そして、3つ目は転職をすることです。日本人は「同じ会社で働くことが当たり前」と思っている人がまだまだ多い。でも、実はちょっと時代遅れ。5000円の昇給は年収換算で6~10万円にしかなりません。転職で今の職場より年収50万円アップできれば全く違った世界が見えてきます。私は4年目で700万円稼ぎました。おかげさまで3年間海外で生活するなど他の人ができない経験もしています。

 

転職は会社と合わないとき、会社を辞める時だけでなく、キャリアアップしたいときにも使えるのです。幸い薬剤師という職種は他と比べて簡単に年収アップができる業界です。転職エージェントも充実していますし、給与交渉だってしてくれます。「半年以内に転職を考えており、いまより給与が上がる職場を探しています。」と言えばアドバイザーがあなたに合った案件を持ってきてくれます。一歩を踏み出して豊かな生活を手に入れるも、何もせずに損を続けるのもあなた次第です。私なら、楽しい人生を送るために一歩を踏み出します。

 

 

転職サイトを利用するときの注意点は一つ。自分の希望する職種×地域を得意としているサイトを選ぶこと。都道府県別のおすすめサイトはこちらにまとめていますので、ご覧下さい。

都道府県別おすすめ転職サイト一覧

 

Pocket

あわせて読みたい

4件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。